代表者ご挨拶

私がAirbnbに出会ったのは2014年6月。

当時、勤めていた会社からの独立を目指していましたが、サラリーマンの平社員が独立資金を貯めて独立するのには多大な労力と多大なリスクを伴うことです。

そのため中々独立出来ず不甲斐ないサラリーマン生活を送っていましたが、ちょうどAirbnbと出会い、既存のサービスとは違う全く新しいお金の稼ぎ方があることを知りました。

私がAirbnbに出会ったころは日本の市場ではまだ発展途上でしたが、今日ではかなりの日本人がAirbnbの存在を認識している状況です。

実際にAirbnbで物件を運営する人がどんどん増えてきていますが、運営上一番大変な部分であるゲストチェックアウト後の清掃の部分を請け負う業者もちらほら出てきました。

私も自身で清掃するのが大変になってきましたのでAirbnb専門の業者に清掃を依頼したことがありました。

しかしやはり新興の業者なので、受けたサービスはまるでサービスとは呼べない酷いものでした。

それまでは全く掃除屋さんをやるつもりは無かったのですが、未完成の酷いサービスを受けて以来、私が完成されたAirbnb専門の掃除屋さんを作ろうと決心しました。

私と同じように未完成サービスの業者に頼るしかなく、酷いサービスを受け悔しい思いをしている人が必ずいると思ったからです。

私の中のAirbnbに対する位置付けは、「やりたいことはあるのにお金と時間が無いために行動を起こせない人がAirbnbのホストをすることによって自分の好きなことをやる。」ためのツールだと思っています。

それなのに物件が増えたからといって、自ら清掃に追われたり、頼った清掃業者が全くダメだったら本末転倒です。

私は、やりたいことがある人を全力で応援します。信念があってやりたいことであれば例え無謀な行為でも応援してしまうと思います。

そんな熱い思いを持った人をAirbnbを通して、全力で応援したい。それが私の信念です。

社名のマケーラ(makera)は「make + era」の造語で、時代を作るという意味を持っています。

私たちは日本の未来を作る熱いサービスを常に考え、常に提供していきます。

私たちはお客様であるあなたと共に成長していくのです。どんな些細なことでもご指摘、ご相談お待ちしております。

 

代表取締役社長  黒崎 涼

ページ上部へ戻る