代表者ご挨拶

当社は2015年にインバウンドマーケットをターゲットに事業を行うマケーラ株式会社として創業されました。

その後フィリピンにおけるアウトバウンドの市場調査に行った際、私が元々エンジニアだったこともあり、システム開発拠点としての可能性をかなり感じました。

そのような背景もあり、現在はフィリピン・セブ島においてITオフショア開発事業を主軸にしております。

急速に成長を続けているアジアの中でも特段の成長率を誇っているフィリピンは第二公用語として英語が話されています。

ゆえに容易にコミュニケーションを取ることもでき、親日家が多い国かつ、日本から飛行機で5時間という好立地なのも相まって、円滑に業務を遂行することができます。

現状、日系企業様がフィリピンでのオフショア開発を選ぶ理由としまして、開発費用の圧倒的な安さというものがあります。

というのも大卒の平均月収が3万円ほどだからです。そこはもちろん私もメリット感じていますが、

当社では今後アジア、特にフィリピンが更に成長を遂げていく中で、決して安い賃金のためにご利用して頂くのではなく、

フィリピンのエンジニアリング力がアジアまたは世界で最高だから利用するんだ言われるような会社を目指していきます。

全てのステークホルダーの満足度向上を目指し、事業拡大・発展に邁進してまいります。ご指導ご鞭撻のほど、どうぞ宜しくお願いします。

ページ上部へ戻る